会計士専門の転職サイトを活用してあらた監査法人の採用を掴み取ろう

派遣社員の存在

ヘルメットと作業服

施工管理の重要性

東日本大震災を受けて、わが国では国土強靱化の必要性が高まってきました。また、少子・高齢化社会、地球温暖化といった社会問題においても、建設産業の果たす役割は重要な位置づけにあります。ただ、一時期の建設投資の低迷に伴い、多くの建設関連企業が廃業や倒産によって優れた施工管理技術者が離職することになりました。そのため、建設投資の増大による建設事業において、施工管理の人材が不足する事態となっています。その人材不足を補うため、施工管理を専門とする派遣社員の需要が高まってきました。施工管理を専門とする派遣社員は、土木施工管理技士といった資格も保有し、品質確保における高い技術力を有した人材が要求されます。その他にも、工程管理、出来形管理、安全管理といった施工管理全般にわたる知識が豊富でないと、良質な建造物を築造することはできません。それには、優れた施工管理を可能とする派遣社員が必要となります。

働きやすい職場環境の創出

派遣社員といっても、建設現場で施工管理を行うため、その職場環境によっては、その能力を十分に発揮できない場合もあります。たとえば、現在の建設産業は、ICTによる電子化により、図面もCADによる電子データとして、取り扱われることになります。そのためには、コンピュータを含めたソフト環境を提供する必要があります。また、ワープロや、表計算ソフトも、適正なバージョンによって、互換性に問題のないものでなければなりません。そして、職場における人間関係においても、配慮する必要があります。それには、アフターファイブにおいても、仲間意識を共有することで、コミュニケーションが図られ、良い建造物を顧客に提供することが可能になります。このような派遣社員に対する働きやすい環境創出により、高い施工管理能力をいかんなく発揮することで、高い品質を有した建造物を建設することができます。